処理後のゴミの行方

不用品回収を行ってもらった後、ふと「このゴミはどこに行くのだろう?」と考えたことがある方も多いのではないでしょうか。
不用品回収をより安心して・納得して利用をするためにも「その後」について少し知っておくと良いかと思います。
これらは、自治体・民間業者かかわらず知っておくと良いですね。

いくつかのスタンスがありますので取り上げて見ましょう。
先ずは「再販」というスタイル。
こちらに関しては、民間業者が取り入れていることが多いかと思います。
買取を行った回収品であることも同時に多いでしょう。
リサイクルショップにてメンテナンス後に売られたり場合によってはネットショップなどで再販が為されるケースもあるでしょう。
次に「寄付」です。
一部の自治体などでも積極的にこのような取り組みをしているものも。
再販するには傷が少し目立つなどその他の事由によって使えるけれど商品価値は無いと判断されたものに対しては、団体などへの寄付が行われることも多いでしょう。
老人ホームや、養護施設といった国内から発展途上国に対してと国外においてまで寄付をすることもあるでしょう。
そして「再生資源」です。
原材料やパーツごとに分類をし資源として処分場に運ばれます。
こちらで新たな品目に生まれ変わるのです。
この方法は自治体の多くで取り入れているものかと思います。
ただ捨てるだけと言う処理方法は現在おいては少ないと言っても過言ではないでしょう。
民間業者の中には、回収品が「どのように処分を為されたか」を報告してくれるところもあるのです。
より安心して回収をして欲しいなどという場合は、先のような報告システムがあるところを利用するのも良いかと思います。
また、トラブルとしては「不法投棄」の問題があります。
利用者ではなく業者などが不法投棄を行うのです。
無認可のために指定のゴミ処理場に運べない・費用をかけないという為に法律をおかしてしまうケースです。
このような業者を利用しないことが大前提となりますから、民間業者を利用する際には必ず認可を受けているところであるか確認を行うようにしましょう。
自分自身が不用だと感じたものも、有効的に利用をしてもらえる回収というスタイル。
環境取り組みや地域活性、環境支援というところにも繋がっていくので、ゴミに捨てる前に回収してもらえるかどうかという事を考えるのも良いことかと思います。
自治体においてもこのような取り組みの報告などが広報誌に定期的に書かれていることもあると思いますのでチェックしてみましょう。


更新情報